ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 南房総市

千葉県 南房総市

曽呂の平屋、外構作業

3月に入り、急に春らしさを感じる今日この頃。

山里に鶯の声が響きわたり、四季が巡る楽しさを覚えます。

 

とはいえ、春は天候が安定しません。

三寒四温、時折り春の嵐に見舞われながらも、天候に合わせ、外構作業を進めています。

基礎、木枠を組み、ひとつ一つ地形に沿って微調整をしながらはめ込みます。

愛犬家の家主様の意向で犬が広々走り回れる庭作りをしています。

 

犬にとっての心地よい環境作りも家主様にとりましては欠かせない幸せの条件です。

 

 

私たちRedWoodWorkersは

そんな幸せ創りのお手伝いができることを誇りに思います。

自然が織りなす芸術、木の家創り

鴨川市曽呂の平屋に、棚やドアの造作をしております。
木のオリジナルのぬくもりを最大限に引き出すに作業です。

↑玄関ドア

杉の木目を活かすように削り、磨いて風合いを出しました。
こちらに電子錠を埋め込み完成致します。

 

唯一無二のオリジナルの作品であり、洗練された技術と現代の利便性がマッチングした玄関ドアです。

 

↑クローゼット
広々としたクローゼットに棚も設置致しました。
棚板には、ヒノキを使っています。

このクローゼットを抜けた先には、天板にオークを使用した化粧台があります。

オークは、重厚感があり耐久性も高いうえに、加工しやすいという特徴があります古くから親しまれているも木材で、高級なアンティーク家具にもよく使われ、その独特な風合いが魅力的です。

それぞれの木が本来持つ特性と味わいを活かし、様々な表情で家主さんを楽しませてくれる空間創りを心掛けています。

 

 

木の魅力に見出された私たち、RedWoodWorkersがお伝えしたい自然が織りなす芸術です。

 

唯一無二の作品創りをしています。

 

曽呂の平屋、作業進捗

温暖な地域として知られる南房総。

しかしながら比較的に山里近い、ここ曽呂地域は自然に恵まれながらも朝晩の冷え込みが厳しく感じられます。

 

敷地面積70坪という広さの平屋、作業はやれどもやれども…皆様に、なかなか進み具合をお伝えづらい心苦しさともどかしさすら感じます。

 

先日、ガレージにシャッターが設置されました。

手作りの家といえども、生活の便も追求した最新のオートセンサーのガレージです。

 

少しずつですが、家としてのアウトラインが見えてきました。

中庭(踊り場)、リビングのレンガ壁もほぼほぼ完成いたしました。


リビングのレンガ壁には、ぐるりと腰が掛けられるベンチを設置する予定です。
ひとつ一つ手作業の調整をしており、完成時にはレンガ壁もホワイトの塗装を施します。

また仕上がりの風景をお伝えできたらと思います。

 

塗装業者が入る頃には、ガラリとその表情を変えることとなると思います。

 

楽しみにお待ちください。

新春、代表インタビュー

明けましておめでとうございます。

本年もRedWoodWoerkersをよろしくお願い致します。

新春、代表インタビュー。

 

 

お正月は、どう過ごしていましたか?

 

ー京都の実家に、8年ぶりに家族で帰省していました。両親ともに健在で、人生100年時代というけど、現実味を帯びてきたね。時代が大きく動くときに生まれ、自分の残り50年の人生があるとしたら、その時代の変化をしっかり見届けたいと思ったよ。

ー変わりゆくもの、変わらないもの。人の幸せって何だろうとか。

 

随分、壮大なテーマですね!

 

ーだから、うーってなっちゃったの。笑。太陽(陽)の光を浴びるって本当に大事だよ。

ー現場に出ると作業に追われるし、夏は海(サーフィンの時間)もあってさっと過ぎる。そんなサイクルの1年だけど、このお正月の冬時間はしっかり考える時間であり、これからどうしていこうかを考える良い時間でもあるわけ。

ー経営者としてのお金も考えるし、自分のやりたい方向性もまた見据える。ただの金稼ぎをしたいならば、この場所でないほうが良いかもしてないでしょ!笑

 

では、ここにこだわるのは何故ですか?

 

ーただの住宅を建てるんじゃなくて。誰もやってない、自然と調和したオリジナルの住まい創りがしたいから。

 

そうですね。一つとして同じ設計や素材も使わず、常に”唯一無二”の創造をしていますね。

 

ーだって、土地、自然、どれをとっても同じものなどない。そして、みんな人それぞれに違って”唯一無二の存在だからね。その調和をマッチングできる価値の創造がしたいんだよ。そして、誰でも簡単に真似できるような作品は作りたくない。簡単に取って替わられてしまうでしょ。そこに価値は見いだせないよ。

 

なるほど。激変する時代にあって、これからどう考えますか?

 

ー今、家創りをしているけれど、いずれは家創りにさらに付加価値、特にコミュニティー作りができたらと思う。人生100年時代になったら、セカンドライフを楽しむ家や小屋のコミュニティーがあってもいいし。都心の競争社会ではなく、自然のなかで学ぶ教育のコミュニティーがあってもいい。趣味のサーフィンや山のコミュニティーがあってもいいね。人を幸せにするのは、結局、物質的な要素だけでは無理なんだよ。そんなことまで、できたら最高だよ。

 

 

”RedWood”は、太古から生き抜く脅威の生命力を持つ木の名前。

レッドウッドのように息長く、変化に強くしなやかな会社を目指す私たちを本年もよろしくお願い致します。

古民家リフォーム

南房総市千倉町。古民家リフォームを致しました。

(上)囲炉裏がある天井のリフォーム前の写真です。

 

梁の曲線美や太さを一部活かし、高い天井に仕上げました。

古き良きもの、風情が感じられるものはそのままに、押入れは棚などに創り替えました。

潮騒が届く静かな海辺の町。この夏をこの古民家で楽しめますように。

施工事例ーWOODS(杜)

南房総の平屋の撮影写真があがってまいりました。

こちらはホームページの「施工事例」にて、WOODSというモデルとして紹介しております。

WOODS(杜)~もり~

「杜」は、木が茂った森だけではなく、神社の「鎮守の森」や「ご神木」をも意味します。

垂木を多く配し、荘厳な面構えを演出します。日本の木造建築の構造美を追求したものです。

自然とも融合し、まさに「杜」にたたずむ住まいです。

 

南房総の平屋、完成撮影

とうとう南房総の平屋が完成致しました。

本日は、カメラマンを入れた撮影を行っております。

 

朝に夕に。

1日の光と影で表情を変える時の移ろいを、住空間でお伝えしたいと思っております。

私たちの手掛ける住まい創りには価値の創造と理念があります。

唯一無二の作品作りなのです。

HPの施行事例にてまたお伝え致します。

 

楽しみにお待ち頂けますと嬉しく思います。

古き良きもの

古き良きもの。

今では珍しくなった、薄手のガラス細工のランプ。こちらをリメイクして配しました。

柔らかで温かい光が細かに振動するかのような瞬きを放ちます。

アンテークの木の家具達。家主が集めたお気に入り達。

素材の良さを引き出しつつ

すべてが一体となって、この家を演出しています。

パンのショーケースに求められるもの

良く晴れた本日

南房総の店舗兼住宅に、最後の作品「パンのショーケース」の設置に伺いました。

店内の風景。南房総産の小麦を店内で製粉。

パン屋の顔、来店客の全員の目に留まる「ショーケース」。

 

こちらの依頼を受けたことは、初めてでした。

従来の家具として良いとされるもの、材料がしっかり太いものは、本来主役であるはずのパンが存在負けしてしまいました。パンの良さを殺すものでした。

その発想の転換と、創意工夫と試作の連続でやっと完成したものです。

パンという繊細なものの良さを引き出すための華奢でありかつ優美なものが出来上がりました。

 

すべてのものが調和する美しさ。

こちらを探求するのも私たちの大切な信念であり、それゆえ楽しい物創りであると感じます。

 

 

素材の組み合わせで、表情を楽しむ

完成が近づいてきました。

本日は、床の保護材を剥がしました。

当初の計画ではモルタルで仕上げる予定でしたが、歩きやすさや膝への優しさを考えて木の床に変更しました。

長時間の立ち仕事でも楽なように。

 

木材は、ヒノキと杉の組み合わせ。

ヒノキはビシッとした尖がったイメージ。杉は、温か味ある柔らかなイメージ。

 

素材をランダムに組み合わせて、その表情を楽しんでみる。

あえて磨きをかけず自然の質感を残したのは、家主さんの作るパンの味に調和すると思われたから。