ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

新春、代表インタビュー

明けましておめでとうございます。

本年もRedWoodWoerkersをよろしくお願い致します。

新春、代表インタビュー。

 

 

お正月は、どう過ごしていましたか?

 

ー京都の実家に、8年ぶりに家族で帰省していました。両親ともに健在で、人生100年時代というけど、現実味を帯びてきたね。時代が大きく動くときに生まれ、自分の残り50年の人生があるとしたら、その時代の変化をしっかり見届けたいと思ったよ。

ー変わりゆくもの、変わらないもの。人の幸せって何だろうとか。

 

随分、壮大なテーマですね!

 

ーだから、うーってなっちゃったの。笑。太陽(陽)の光を浴びるって本当に大事だよ。

ー現場に出ると作業に追われるし、夏は海(サーフィンの時間)もあってさっと過ぎる。そんなサイクルの1年だけど、このお正月の冬時間はしっかり考える時間であり、これからどうしていこうかを考える良い時間でもあるわけ。

ー経営者としてのお金も考えるし、自分のやりたい方向性もまた見据える。ただの金稼ぎをしたいならば、この場所でないほうが良いかもしてないでしょ!笑

 

では、ここにこだわるのは何故ですか?

 

ーただの住宅を建てるんじゃなくて。誰もやってない、自然と調和したオリジナルの住まい創りがしたいから。

 

そうですね。一つとして同じ設計や素材も使わず、常に”唯一無二”の創造をしていますね。

 

ーだって、土地、自然、どれをとっても同じものなどない。そして、みんな人それぞれに違って”唯一無二の存在だからね。その調和をマッチングできる価値の創造がしたいんだよ。そして、誰でも簡単に真似できるような作品は作りたくない。簡単に取って替わられてしまうでしょ。そこに価値は見いだせないよ。

 

なるほど。激変する時代にあって、これからどう考えますか?

 

ー今、家創りをしているけれど、いずれは家創りにさらに付加価値、特にコミュニティー作りができたらと思う。人生100年時代になったら、セカンドライフを楽しむ家や小屋のコミュニティーがあってもいいし。都心の競争社会ではなく、自然のなかで学ぶ教育のコミュニティーがあってもいい。趣味のサーフィンや山のコミュニティーがあってもいいね。人を幸せにするのは、結局、物質的な要素だけでは無理なんだよ。そんなことまで、できたら最高だよ。

 

 

”RedWood”は、太古から生き抜く脅威の生命力を持つ木の名前。

レッドウッドのように息長く、変化に強くしなやかな会社を目指す私たちを本年もよろしくお願い致します。

良いもの創りの一心で

年の瀬も迫り、朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。

着工はまだ汗ばむ季節であったので、季節の移ろいの早さを感じます。

光あふれる踊り場(中庭)の作業風景です。

一つひとつサイズ合わせをしながら進めます。

こちらのレンガは、リビングの壁面とともに家のアクセントになっています。

 

日本の家屋は壁紙がほとんどですが、こちらの平屋はレンガとペンキで仕上げます。

手間もかかり、作業も複雑になりますが、良いものを創りたい一心で臨んでいます。

 

引き続き2022年もよろしくお願い致します。

 

 

私たちの家創り

鴨川市曽呂の平屋の建築作業です。

本日の作業風景。

一つひとつが手造りの家。

天井や軒下は、植物性の無公害塗料のオスモカラーを塗ってホワイトに仕上げます。

晴れれば、まだ暑さが残る今の季節。

本日も6人で、心を込めた家創りをしております。

またの記事を、楽しみにして頂けましたら嬉しいです。

日本一美味しいアンパン  わだぱん

南房総の平屋。店舗併用住宅。

そろそろ完成がみえてきました。

私が建築を受けた理由は

「そのパンが本当に美味しかったから。」

餡は苦手な私が唯一美味しく食べられる”あんぱん”は特に日本一だと思います。

わだぱん(WADAPAN)和田町の手づくりパン&カフェ | 房総タウン.com (bosotown.com)

作業場の風景

こちらは、私たちの作業風景です。
image0.jpeg
image2.jpeg 
image3.jpeg

素材選び、切出し、加工。
家具1つひとつに至るまで、オーダーメイドで創ります。
細やかな技術と手作業です。

海ある暮らしの提案

おはようございます。

今、建築中の南房総の平屋近くの浜辺です。

image0_4.jpeg

この季節は空気も海も澄み渡り、一層美しさが際立ちます。

 

海ある暮らし。

 

家を取り巻くすべてのもの。
そのひとつ一つにストーリーがあり
どれが欠けても、私達の提案する最高のライフスタイルは完成しません。

ホームページを公開しました

apple-touch-icon.png

このたび、ホームページを公開しました。今後ともよろしくお願い申し上げます。