ブログ|株式会社Red Wood Workers

ブログ

曽呂の平屋、外構作業

3月に入り、急に春らしさを感じる今日この頃。

山里に鶯の声が響きわたり、四季が巡る楽しさを覚えます。

 

とはいえ、春は天候が安定しません。

三寒四温、時折り春の嵐に見舞われながらも、天候に合わせ、外構作業を進めています。

基礎、木枠を組み、ひとつ一つ地形に沿って微調整をしながらはめ込みます。

愛犬家の家主様の意向で犬が広々走り回れる庭作りをしています。

 

犬にとっての心地よい環境作りも家主様にとりましては欠かせない幸せの条件です。

 

 

私たちRedWoodWorkersは

そんな幸せ創りのお手伝いができることを誇りに思います。

自然が織りなす芸術、木の家創り

鴨川市曽呂の平屋に、棚やドアの造作をしております。
木のオリジナルのぬくもりを最大限に引き出すに作業です。

↑玄関ドア

杉の木目を活かすように削り、磨いて風合いを出しました。
こちらに電子錠を埋め込み完成致します。

 

唯一無二のオリジナルの作品であり、洗練された技術と現代の利便性がマッチングした玄関ドアです。

 

↑クローゼット
広々としたクローゼットに棚も設置致しました。
棚板には、ヒノキを使っています。

このクローゼットを抜けた先には、天板にオークを使用した化粧台があります。

オークは、重厚感があり耐久性も高いうえに、加工しやすいという特徴があります古くから親しまれているも木材で、高級なアンティーク家具にもよく使われ、その独特な風合いが魅力的です。

それぞれの木が本来持つ特性と味わいを活かし、様々な表情で家主さんを楽しませてくれる空間創りを心掛けています。

 

 

木の魅力に見出された私たち、RedWoodWorkersがお伝えしたい自然が織りなす芸術です。

 

唯一無二の作品創りをしています。

 

曽呂の平屋、作業進捗

温暖な地域として知られる南房総。

しかしながら比較的に山里近い、ここ曽呂地域は自然に恵まれながらも朝晩の冷え込みが厳しく感じられます。

 

敷地面積70坪という広さの平屋、作業はやれどもやれども…皆様に、なかなか進み具合をお伝えづらい心苦しさともどかしさすら感じます。

 

先日、ガレージにシャッターが設置されました。

手作りの家といえども、生活の便も追求した最新のオートセンサーのガレージです。

 

少しずつですが、家としてのアウトラインが見えてきました。

中庭(踊り場)、リビングのレンガ壁もほぼほぼ完成いたしました。


リビングのレンガ壁には、ぐるりと腰が掛けられるベンチを設置する予定です。
ひとつ一つ手作業の調整をしており、完成時にはレンガ壁もホワイトの塗装を施します。

また仕上がりの風景をお伝えできたらと思います。

 

塗装業者が入る頃には、ガラリとその表情を変えることとなると思います。

 

楽しみにお待ちください。

新春、代表インタビュー

明けましておめでとうございます。

本年もRedWoodWoerkersをよろしくお願い致します。

新春、代表インタビュー。

 

 

お正月は、どう過ごしていましたか?

 

ー京都の実家に、8年ぶりに家族で帰省していました。両親ともに健在で、人生100年時代というけど、現実味を帯びてきたね。時代が大きく動くときに生まれ、自分の残り50年の人生があるとしたら、その時代の変化をしっかり見届けたいと思ったよ。

ー変わりゆくもの、変わらないもの。人の幸せって何だろうとか。

 

随分、壮大なテーマですね!

 

ーだから、うーってなっちゃったの。笑。太陽(陽)の光を浴びるって本当に大事だよ。

ー現場に出ると作業に追われるし、夏は海(サーフィンの時間)もあってさっと過ぎる。そんなサイクルの1年だけど、このお正月の冬時間はしっかり考える時間であり、これからどうしていこうかを考える良い時間でもあるわけ。

ー経営者としてのお金も考えるし、自分のやりたい方向性もまた見据える。ただの金稼ぎをしたいならば、この場所でないほうが良いかもしてないでしょ!笑

 

では、ここにこだわるのは何故ですか?

 

ーただの住宅を建てるんじゃなくて。誰もやってない、自然と調和したオリジナルの住まい創りがしたいから。

 

そうですね。一つとして同じ設計や素材も使わず、常に”唯一無二”の創造をしていますね。

 

ーだって、土地、自然、どれをとっても同じものなどない。そして、みんな人それぞれに違って”唯一無二の存在だからね。その調和をマッチングできる価値の創造がしたいんだよ。そして、誰でも簡単に真似できるような作品は作りたくない。簡単に取って替わられてしまうでしょ。そこに価値は見いだせないよ。

 

なるほど。激変する時代にあって、これからどう考えますか?

 

ー今、家創りをしているけれど、いずれは家創りにさらに付加価値、特にコミュニティー作りができたらと思う。人生100年時代になったら、セカンドライフを楽しむ家や小屋のコミュニティーがあってもいいし。都心の競争社会ではなく、自然のなかで学ぶ教育のコミュニティーがあってもいい。趣味のサーフィンや山のコミュニティーがあってもいいね。人を幸せにするのは、結局、物質的な要素だけでは無理なんだよ。そんなことまで、できたら最高だよ。

 

 

”RedWood”は、太古から生き抜く脅威の生命力を持つ木の名前。

レッドウッドのように息長く、変化に強くしなやかな会社を目指す私たちを本年もよろしくお願い致します。

良いもの創りの一心で

年の瀬も迫り、朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。

着工はまだ汗ばむ季節であったので、季節の移ろいの早さを感じます。

光あふれる踊り場(中庭)の作業風景です。

一つひとつサイズ合わせをしながら進めます。

こちらのレンガは、リビングの壁面とともに家のアクセントになっています。

 

日本の家屋は壁紙がほとんどですが、こちらの平屋はレンガとペンキで仕上げます。

手間もかかり、作業も複雑になりますが、良いものを創りたい一心で臨んでいます。

 

引き続き2022年もよろしくお願い致します。

 

 

自然とともに

澄んだ冬晴れが続いています。

曽呂の平屋の屋根にガルバリウム鋼板スタンビーを張りました。

ガルバリウム鋼板とは、アルミニウム、亜鉛、シリコン素材でできたものであり、板状に加工し製品化された新建材です。

軽量で耐震性に優れ、錆びにくい。嵌合部(かんごうぶ)は、強風や豪雨、毛細管現象などの雨仕舞に優れたハゼ構造です。

 

そのシンプルで、スタイリッシュな外観が目を引きます。

 

さて本日は、色付き始めた庭の風景もお伝えします。

私たちRed Wood Workersは、土地選びの大切さもお伝えしたいと思います。

 

人も住まいも自然とともにあり、そこに価値を見出すことを生業としています。

 

曽呂の平屋、リビングの風景

曽呂の平屋、リビング内の足場を外しました。

光を多く取り込み、自然光の優しさが増すよう厳選された色使いをしております。

写真の右手はレンガを積み、その風合いがリビングのアクセントとなっています。

天井は、木目を活かしたグレーとホワイトの配色。洗練されつつも、自然な仕上がり。

リビングから庭へは長い軒を出し、雨や日差しを遮り眺望を楽しむのはもちろんのこと、犬好きな家主様のご要望を汲んだ設計になっています。

ここ南房総でも、冬が深まる頃には美しい紅葉も見られる里山。

こちらの庭も木々が色鮮やかに色付く季節となり、自然と調和した美しい家創りに励んでいます。

リビングと通路の採光

鴨川市曽呂の平屋の建築作業です。

採光を重視し、時の移ろいを感じることができる家創りを心掛けています。

屋根から、リビングの採光窓口(奥)と通路踊り場の採光口(手前)を撮影致しました。

リビング内には足場を掛けて作業をしております。

天井が高く、たっぷりと光の差し込む、空間の演出です。

居室を繋ぐ廊下の踊り場からは

朝に夕に移ろう時間だけではなく、変わりゆく天候や四季の光の強弱さえ感じられます。

 

少し肌寒くなる頃には

もう少し形となった私たちの作品である、この平屋もご覧いただけるかと思います。

心を込めた物創りを、日々。

 

 

 

 

私たちの家創り

鴨川市曽呂の平屋の建築作業です。

本日の作業風景。

一つひとつが手造りの家。

天井や軒下は、植物性の無公害塗料のオスモカラーを塗ってホワイトに仕上げます。

晴れれば、まだ暑さが残る今の季節。

本日も6人で、心を込めた家創りをしております。

またの記事を、楽しみにして頂けましたら嬉しいです。

採光を重視した家創り

鴨川市曽呂の平屋が、少しずつ形になってまいりました。

本日は少しばかりではありますが、その仕様をお伝えしたいと思います。

正面から屋根に登り、撮影致しました。採光のために開口部を取っております。

内部リビングから見ると、ご覧の通り。

屋根開口部から、明るい光が差し込みます。

リビングは庭に面していて、窓は上部にも配置いたします。

室内で快適に過ごしながらも、時の移ろいを柔らかな自然の光で感じます。

 

緑多き豊かな自然に囲まれたこの地域。

家主様が、開放感ある贅沢な時を過ごせますように。